注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

2020年中央競馬(JRA) マーメイドステークス【G3】予想/第1回

 

今週の阪神競馬場では牝馬限定のハンデG3である

マーメイドステークスが行われます。

 

 

 

毎年のように波乱が起きている

当レースはレース条件だけを聞いても

何か荒れそうと思わずにはいられません。

 

 

 

牝馬限定戦でしかもハンデ戦に加え、

出走頭数も多頭数となれば今年も在れる

イメージを持っていたほうが良いかもしれません。

 

 

 

この穴党注目のレース、早速探っていきましょう。

 

 

 

レースの傾向

 

阪神芝2,000メートルの内回りコースで行われるマーメイドステークス。

 

 

 

スタート直後はホームスタンドの目の前を通り、

直線に急坂を通っての先行争いとなるためかなり力を消耗します。

 

 

 

第3コーナーまでは比較的平坦で

そこから徐々に加速し、

 

坂のある直線でも末脚を伸ばし続けられるか

どうかが勝負の分かれ目になるでしょう。

 

 

 

直線も357メートルと短いうえにコーナーも

比較的厳しくパワーを必要とする馬場状態にことが多いので、

 

先行力やコーナーリング力、

またパワーをも問われる

タフなコース設定と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

過去10年のマーメイドステークスの配当を見ると、

やはりイメージ通りの波乱の傾向と言えます。

 

 

 

3連単の平均配当が約18,000円、

昨年の391,310円の配当だけでなく

400,000円越えの配当を含め10万円台の配当が7回。

 

 

 

また馬連の万馬券も4回、3連複に至っては

9回の万馬券で平均配当も約30,000円と

小頭数で狙って当たるレースではないと言えるでしょう。

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

2-1-1-6で勝率20%、複勝率で40%。

 

 

 

2番人気に至っては1-1-1-7で勝率10%、

複勝率30%という結果となっており、

1、2番人気の複勝率は30から40%なので信頼度は低いと言わざるを得ません。

 

 

 

また、ここ10年に過去の結果で見ていますが、

7番人気の結果が2-3-0-5となっており勝率で20%、複勝率で50%、

 

10番人気の結果が1-2-2-5で勝率で10%、複勝率で50%と

 

『牝馬限定のハンデ戦は荒れるのが必至』と言われても

この結果をみれば納得をせざるを得ないでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると5歳馬が

6勝2着6回と圧倒的に結果を残しており、4歳、6歳と続きます。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

好位から中団の差し馬や後方待機の

追い込み馬も結果を残していますが、

唯一逃げた馬が複勝圏内20%とあまり結果を残しておりません。

 

 

 

血統的にはディープインパクト産駒や

キングカメハメハ産駒が好成績を残しています。

 

 

 

サンデーサイレンス系が大半ですが、

ステイゴールドやマンハッタンカフェ、

スズカマンボなどの

リボー系やセントサイモン系を持つ穴馬の好走も見られます。

 

 

 

逆にノーザンダンサー系が相性が悪いのも

同レースの特徴と言えるでしょう。

 

 

 

生産者グループで言えば

ノーザンファームや社台ファームの社台系の生産馬は

比較的安定して走っていると言えます。

 

 

 

そして最後にハンデ戦ですから斤量も確認してみましょう。

 

 

 

好成績を残しているのが

斤量53kgで5勝し2着3回、3着3回と勝率約18%、複勝率約40%。

 

 

 

それに続いて斤量55kgと51kgが2勝しており、

比較的負担斤量の軽い馬が好成績を残すなど

いかにもハンデ戦らしい結果と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

また特注として前回斤量よりも今回のほうの斤量が軽い場合は

7-6-5-75となっていることから、

この点も注意してみる必要があるでしょう。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

1番人気や2番人気だからといって絶対的な信頼はないので

波乱決着前提で人気薄まで手広く検討

 

 

 

5歳馬

 

先行、中団追走の差し馬や後方待機の追い込み馬

 

ディープインパクト、キングカメハメハ産駒

 

ノーザンファーム・社台ファームの生産馬

 

前走よりも斤量が軽い馬で53kgや51kgの馬が結果を残している

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

難解なハンデ戦だけに手広く広げて高配当をゲットしたいものです。

 

 

 

そして最後に、競馬についての考察を少々…。

 

 

 

競馬で『当てる』ということは実は簡単なことです。

馬券をすべて買えば必ず「当たり」ますしね…。

 

 

 

しかし往々にして『トリガミ』になって

「当たったのにお金が減った」という現象を引き起こします。

 

 

 

ではどうしたら競馬で『お金を増やす』ことが出来るのでしょうか?

 

 

 

実際競馬で『お金を増やす』ことが出来ている人は、

全参加者の2~3割のみと言われています。

 

 

 

どうすれば『勝ち組』に回れるのか

次回以降で検証していきましょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!