注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

2020年中央競馬(JRA) エプソムカップ【G3】予想/1回目

 

さて今週は東京競馬場で、エプソムカップG3が行われます。

 

 

 

上半期の東京競馬場で最後の芝重賞となる同レース。

 

 

 

秋の重賞戦線を控え、

多くの実力馬が集まる注目の一戦となっています。

 

 

 

早速こちらのレースを探っていきましょう。

 

 

 

レースの傾向

 

東京芝1,800メートルで行われるエプソムカップ。

 

 

 

2コーナー付近のポケットからスタートし、

斜めに進路を取りながら2コーナーへ入っていく

内枠が有利なコース形態と言えるでしょう。

 

 

 

また、3コーナーまでの距離も長く

比較的ゆったりと流れる傾向にあり、

最後の直線での瞬発力、

切れ味勝負になることが多いコースとも言えます。

 

 

 

過去10年のエプソムカップの配当を見ると、

3連単の平均配当が約43,000円で10万円台の配当も1回。

 

 

 

また、馬連の平均配当で見てみると1,800円、

3連複の平均がやj約10,000円と

比較的人気馬の好走が目立ち中穴馬までが絡んできています。

 

 

 

ここ10年の結果からしか見ていませんが、

大きな波乱は少ない傾向と言えるでしょう。

 

 

 

大きな波乱は少ない
内側が有利
最後の直線での瞬発力、切れ味勝負
 
 
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

4-2-1-3で勝率40%、複勝率で実に70%。

 

 

 

2番人気は3-1-1-5で勝率30%、

複勝率50%という結果となっており、

1着馬はすべて5番人気以内から出ています。

 

 

 

2着馬についても7番人気以内から出ており、

比較的人気なりの馬が結果を出している傾向と言えるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると4歳馬が8勝2着6回と

圧倒的に結果を残しており、5歳、6歳と続きます。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

好位から中団の差し馬が結果を残していますが、

逃げた馬が複勝圏内50%という結果を残しており侮れません。

 

 

 

血統的にはやはり東京芝1,800メートル戦らしく

ディープインパクト産駒が結果を残しています。

 

 

 

またその後にハーツクライ産駒が続き、

まさに切れ味勝負が得意なサンデーサイレンス系

上位に来るというイメージがしっくりきていました。

 

 

 

まだまだプロファイルすべき点はいくらでもありますが、

抑えるべき点がどこの生産牧場かというのも重要なファクターです。

 

 

 

近年の競馬界はノーザンファームや

社台ファームなどの社台系、

ノースヒルズ、ダーレーなどの

巨大な資本を有する生産者グループが鎬を削っています。

 

 

 

しかしながらここ数年はご存知の通り

ノーザンの1強状態が続き、

G1レースなどは「ノーザンの運動会」と揶揄されるほど…。

 

 

 

このレースにおいても

過去10年で4勝をあげ2着4回、

3着3回と圧倒的な結果を残しています。

 

 

 

比較的人気なりの馬が結果を出している傾向
4歳馬が圧倒的に結果を残している
中団からの差し馬が結果を残すも、逃げ馬も複勝率高い
 
 
 
 

プロファイルからの結論

 

以上のプロファイルから下記の結論を導きだすことが出来ます。

 

 

 

  • 1番人気ないし2番人気
  • 4歳馬
  • 先行、中団追走の差し馬
  • ディープインパクト、ハーツクライ産駒
  • ノーザンファーム生産馬

 

 

 

まだまだ検討項目を増やして絞っていくことも可能ですが、

かなりの確率で上記の条件に該当する馬が3着以内に入ってくるのではないでしょうか。

 

 

 

しかしながら、先日の安田記念の結果からも見ての通り、

単勝1.3倍の圧倒的な1番人気を背負った

アーモンドアイが勝てなかったという事実。

 

 

 

ヴィクトリアマイルで

単勝1.4倍のプレッシャーをも跳ね返し

圧勝した最強牝馬でも負けてしまうのです。

 

 

 

彼女の勝利を信じて単勝に相当な金額を掛けた方もいたことでしょう。

 

 

 

競馬で『当てる』ということと

競馬で『お金を増やす』ということは

必ずしも同じことではありません。

 

 

 

このコラムでは予想の最後にそういった競馬についての考察もご紹介していきます。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!