注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

2020年中央競馬(JRA) ユニコーンステークス【G3】予想/1回目

さて今週は東京競馬場でユニコーンステークスG3が行われます。

 

 

 

春のロング開催終盤を迎える東京競馬場で行われる3歳限定のダート重賞。

 

 

 

GⅠ馬を多数輩出してきた3歳馬の

出世レースとして多くの実力馬が集まる注目の一戦です。

 

 

 

早速こちらのレースを探っていきましょう。

 

 

レースの傾向

 

東京ダート1,600メートルで行われるユニコーンステークス。

 

 

 

2コーナーのポケットからスタートし、

芝を150メートルほど走ってダートに入ると

さらに約500メートルほど直線が続くレイアウトの同コース。

 

 

 

スタート後400メートルは下り坂のため

前半からスピードに乗りやすいコースで、

クラスが上がるほど差しや追い込みが決まるコースになっています。

 

 

 

過去10年のユニコーンステークスの配当を見ると、

3連単の平均配当が約45,000円で10万円以上の配当も2回。

 

 

 

また、馬連の平均配当で見てみると2,500円、

3連複の平均が約8,100円と

 

比較的人気馬が人気通り好走していますが

馬券圏内の3頭と考えると中穴馬までが絡んできています。

 

 

 

ここ10年の結果からみると、比較的平穏なレース傾向と言えるでしょう。

 

 

 

比較的平穏なレース傾向
差しや追い込みも決まるコース形態
 
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

4-2-1-3で勝率40%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は3-3-1-3で勝率40%、

複勝率70%という結果となっており、

1着馬はすべて3番人気以内から出ています。

 

 

 

2着馬についても9頭が5番人気以内から出ており、

このレースも人気なりの馬が結果を出している傾向と言えるでしょう。

 

 

 

1~3番人気が揃って馬券圏外だったことはなく、

2014年以外は1~3番人気の少なくとも2頭は馬券に絡んでいます。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

先行馬が結果を残していますが、

ペースが速くなるようなら差し・追い込み馬、

 

馬場が渋っているようなら

逃げ馬の逃げ残りにも注意を払う必要がありそうです。

 

 

 

血統的には東京ダート1,600メートル戦で

圧倒的な結果を残しているゴールドアリュール産駒が

同レースにおいても3勝と結果を残しています。

 

 

 

またフジキセキやアグネスタキオンも

種牡馬として勝ち馬を出すだけでなく、

母の父としても優秀な成績を残しているという点にも注目です。

 

 

 

上記の点からやはりサンデーサイレンス系には注目せざるをえないでしょう。

 

 

 

また枠順というファクターを見てみると、

スタートが芝の外枠が有利なコースと言われており、

レース傾向も外枠の馬が好走しているようです。

 

 

 

過去の結果からの特注条件として、

当日3人気以内で7~8枠という条件に該当する馬の複勝率は

なんと1-2-2-0の100%となっています。

 

 

 

生産牧場というファクターから見ると、

同レースにおいてはノーザンファーム生産馬は

人気よりも着順を落とす傾向が高く、

逆に社台ファーム産馬が好走する傾向が見られます。

 

 

 

いずれにしろ社台系が強いレースであることには変わりがないと言えるでしょう。

 

 

 

人気なりの馬が結果を出している傾向
 
 
 

プロファイルからの結論

 

以上のプロファイルから下記の結論を導きだすことが出来ます。

 

 

  1. 1~3番人気馬
  2. 先行馬
  3. ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)
  4. 外枠
  5. 社台ファームファーム生産馬(ノーザンファーム生産馬)

 

 

 

まだまだ検討項目を増やして絞っていくことも可能ですが、

かなりの確率で上記の条件に該当する馬が3着以内に入ってくるのではないでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!