注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

2020年中央競馬(JRA) 函館スプリントステークス【G3】予想/1回目

 

今週は函館競馬場でサマースプリントシリーズ開幕戦の

函館スプリントステークスG3が行われます。

 

 

 

同シリーズの行方を占うだけでなく、

秋の短距離王決定戦であるスプリンターズSへ向けた

始動戦に位置付ける陣営もあり、

非常に注目度の高い一戦となっています。

 

 

 

早速こちらのレースを探っていきましょう。

 

 

レースの傾向

 

函館芝1,200メートル行われる函館スプリントステークス。

 

 

 

舞台となる函館芝1,200メートルは

直線が約260メートルしかない小回りコースとなっており、

 

相当なハイペースにでもならない限り

追い込み馬にとっては

厳しいコース形態になっていると言えるでしょう。

 

 

 

向こう正面のポケットからスタートして

3コーナーまでの約800メートルが上り坂となり、

そこからゴールまでの約400メートルが下り坂となっています。

 

 

 

直線が短いため先行馬が有利ですが、

洋芝で馬場が重いため開催の

後半には差しも届きやすくなる傾向にあります。

 

 

 

過去10年の函館スプリントステークスの配当から見てみると、

波乱含みと言う言葉がしっくりくるかと思われます。

 

 

 

3連単の平均配当が約260,000円、

14年の約870,000円の配当だけでなく

翌15年は約940,000円という高配当も飛び出しています。

 

 

 

しかし上記の高配当2レースが

平均を引き上げている状況であり、

大波乱もありうると考えておいたほうが良いのではないでしょうか。

 

 

 

先行馬が有利だが差し馬も十分届く。
ハイペースでない限り追い込み馬は厳しい。
 
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

1-2-2-5で勝率10%、複勝率で50%。

 

 

 

2番人気は2-2-1-5で勝率20%、複勝率50%

という結果となっており、

1、2番人気の複勝率は50%なので、微妙なラインと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

また、3~6番人気が各1勝ずつ、

8番人気と12番人気も1勝ずつしており、

上位人気馬がそれなりに馬券に絡んでいますが人気薄も侮れず、

馬券的には一筋縄ではいかないと言っても言い過ぎではないでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると4歳馬が3-3-3-9と

勝率及び複勝率でも結果を残しており、3歳、5歳と続きます。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

逃げ及び先行馬で複勝率が約68%もあり、

 

開幕週ということもあって

前に行った馬が有利と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

血統的には洋芝スプリント巧者のクロフネが好成績を残しています。

 

 

 

またサンデーサイレンス系であれば、

ダイワメジャー産駒も相性が良いのではないでしょうか。

 

 

 

生産者グループについては

社台ファームやダーレーなど大手だけでなく、

日高の中小牧場も健闘しています。

 

 

 

また枠順というファクターを見てみると、

4枠以外の全ての枠から勝ち馬が出ており、

どの枠からも勝ち馬が出ています。

 

 

内外の有利不利は少なめと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

前走から距離短縮で同レースに向かった馬の成績は
6-3-7-41 とかなりの好成績を上げています。
 
 
 

プロファイルからの結論

 

 

  1. 上位人気に絶対的な信頼はないので人気薄まで手広く検討
  2. 4歳馬
  3. 逃げ・先行馬
  4. クロフネ、ダイワメジャー産駒
  5. 距離短縮馬

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

波乱含みの一戦だけに手広く広げて高配当をゲットしたいものです。
 
 
最新情報をチェックしよう!