注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

CBC賞【G3】予想/1回目 2020年中央競馬(JRA)

今週日曜の阪神競馬場ではサマースプリントシリーズ第2戦、

G3ハンデ戦であるCBC賞が行われます。

 

 

 

今年は秋に京都競馬場が改修に入る予定もあり、

阪神競馬場芝1,200メートルで行われることとなりました。

 

 

 

短距離のハンデ戦ということもありこの穴党注目のレース。

 

 

 

過去10年において9年は中京競馬場での開催となるので、

あくまでレースの傾向として探っていきましょう。

 

 

レースの傾向

 

阪神芝1,200メートルで行われる今年のCBC賞。

 

 

 

内回りコースを使用し、向正面半ばより2コーナー寄りの部分からスタートし、

すぐに第3コーナーを迎えますので内が有利と言えそうです。

 

 

 

スタート直後から残り200メートルまでは

緩やかな下りが続くためスピードが出やすく、

 

勢いの付いた逃げ・先行馬がそのまま押し切るパターンも見られますが、

上級条件では前が早くなるので外差しが決まるコースと言えます。

 

 

 

過去10年のCBC賞の配当を見ると、

やはりイメージ通りの波乱の傾向と言えます。

 

 

 

3連単の平均配当が約11,000円、

17年の417,490円の配当だけでなく10万円台の配当が4回。

 

 

 

また3連複も6回の万馬券が飛び出し平均配当も

約21,000円と波乱含みというイメージ通りのレース傾向だと

言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】
波乱含みのレース傾向
ペースが速くなれば差しも決まるコース形態

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

上記にも記載しておりますが、

過去10年において9年は中京競馬場での開催となるので、

あくまでCBC賞というレースの傾向として捉えていきます。

 

 

 

過去10年における1番人気の結果は

3-1-1-5で勝率30%、複勝率で50%。

 

 

 

2番人気は3-1-2-4で勝率30%、複勝率60%という結果となっており、

1、2番人気の複勝率は50から60%なので

そこそこ信頼度があると言ってもいいかもしれません。

 

 

 

ここ10年に過去の結果で見ていますが、

4番人気が3-1-0-6となっており勝率で30%、複勝率で40%と

人気のわりに好成績を上げており侮れません。

 

 

 

また、10人気や13人気の馬も馬券圏内来ている事実もあり、

やはり短距離ハンデ戦という荒れる要素を含んだ

レースイメージで間違いないでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると5歳馬が6勝2着4回と圧倒的に結果を残しており、6歳が3勝と続きます。

 

 

 

また阪神芝1,200メートルを脚質という点から見てみると、

逃げ及び先行馬の複勝率が40.2%となっており、

こちらの脚質を狙っていくのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

また、阪神芝1,200メートルにおける血統で見ていくと、

アドマイヤムーン産駒やロードカナロア産駒が好成績を残しています。

 

 

 

そしてにハンデ戦ですので斤量を見てみると、

好成績を残しているのが斤量56kgで3勝し2着1回、3着3回と勝率約13%、複勝率約30%。

 

 

 

比較的斤量の軽い馬よりもそこそこ斤量を背負った実績馬が

結果を残す傾向にあると言えそうです。

 

 

 

またコースが変わるため傾向が変わる可能性もありますが、

特注として前回の斤量よりも今回のほうの重い場合は

4-3-3-9と結果を残す傾向にあると言えます。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  5歳馬
  2.  逃げ及び先行馬
  3.  アドマイヤムーン・ロードカナロア産駒
  4.  斤量が56kg
  5.  前走よりも斤量増

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

 
難解なハンデ戦だけに手広く広げて高配当をゲットしたいものです。

 

 

最新情報をチェックしよう!