注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

CBC賞【G3】予想回顧 2020年中央競馬(JRA)

さて先日はレースの傾向と過去10年の結果から

プロファイリングしてCBC賞の予想を行いました。

 

 

 

レースが行われて結果も出たので予想を振り返りながら回顧していきましょう。

 

 

プロファイリングからの結論

 

プロファイリングから導き出された最有力馬は下記の馬となりました。

 

 

  •  ◎ イベリス

 

 

CBC賞結果

 

  •  1着 3番 ラブカンプー
  •  2着 6番 アンヴァル
  •  3着 2番 レッドアンシェル

 

動画はこちら⇩

 

 

  •  イベリス

 

出走馬決定順が17番目だったため除外

 

 

レース回顧

 

第56回CBC賞(G3)が行なわれ、

人気薄のラブカンプーが好枠から抜群のスタートを決め、

最軽量ハンデの51㎏を活かしてそのまま逃げ切り重賞初優勝を飾りました。

 

 

 

最軽量という条件と稍重の馬場を味方にして

直線入口では後続を約3馬身引き離したまま足色は衰えず、

最終的には1馬身3/4離したままゴール。

 

 

 

2着にはこれまた人気薄11番人気のアンヴァル前残りでそのまま飛び込み、

3着には3番人気のレッドアンシェルが続いて入線しました。

 

 

 

このレースはラブカンプーが斤量や前残りの馬場を味方につけ、

思い切りよく逃げたことが勝ちにつながったレースだと言えるでしょう。

 

 

 

1番人気のクリノガウディーはスタートで後手を踏み、

道中は中団を追走したものの

直線では前が詰まる不利もあり結果は12着と惨敗となりました。

 

 

 

当サイト予想の推奨馬であるイベリスは

残念ながら出走馬決定順が17番目だったため除外となってしまいました。

 

 

プロファイルからの結論

 

  •  イベリス②③⑥

 

 

 

イベリスが該当していたプロファイル

 

  •  ②逃げ及び先行馬
  •  ③アドマイヤムーン・ロードカナロア産駒
  •  ⑥前走4角5番手以内

 

 

 

残念ながら当サイトで推奨したイベリスは

除外となってしまいましたが、

もう1頭のロケットは10着敗退となりました。

 

 

 

しかし、1着及び2着馬については

「プロファイリングからの結論」で

最初にピックアップした5頭の中にも入っており、

十分上位を狙える馬として絞れてはおりました。

 

 

 

またピックアップされた残りの2頭、

タイセイアベニールとエイシンデネブにつきましても

4着、5着と上位入線を果たしており、

プロファイリングの有効性は示せたのではないかと思います。

 

 

 

当予想においては特別レース登録馬をベースにした予想オッズを使用しており、
実際のオッズとは違いますし枠順も確定しておりません。
あくまで参考程度にとどめていただき、
さらに独自のプロファイリング盛り込んで的中に近づいていただければと思います。
 
 
 

当サイトの予想結果

0-1-0-2
※今回のレースは推奨馬除外のためカウントしておりません。

 

 

最新情報をチェックしよう!