注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

七夕賞【G3】予想/1回目 2020年中央競馬(JRA)

さて今週は福島競馬場で七夕賞G3が行われます。

 

 

 

サマー2000シリーズの開幕を告げる荒れるハンデ重賞ともいわれる同レース。

 

 

 

毎年のように2桁人気が馬券に絡むなど、

ハンデ戦らしく波乱傾向が強い穴党にとっては垂涎物のレースです。

 

 

 

早速こちらのレースを探っていきましょう。

 

 

レースの傾向

 

福島芝2,000メートルで行われる七夕賞。

 

 

 

直線スタンド前のポケットからスタートし、

小回りコースを1周する同レース。

 

 

 

スタート直後が下り坂になっているためコーナーまでのペースは速くなり、

向正面でいったん落ち着きますが3コーナーから再びペースがあがり、

4コーナーの下りで再度加速して直線へ向かいます。

 

 

 

最後の直線では先行馬と差し馬が激突し、

激しい追い比べとなる持久力が求められるコースだと言えるでしょう。

 

 

 

過去1年の七夕賞の配当を見ると、

3連単の平均配当が約505,000円で10万円以上の配当も7回。

 

 

 

18年には3連単約256万円の特大万馬券や

100万円代の馬券も飛び出しています。

 

 

 

また、馬連の平均配当で見てみると約8,600円、

3連複の平均が約83,000円と大荒れの結果となっています。

 

 

 

ここ10年の結果からみると、

波乱傾向の強い荒れるレースと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 
【ここがポイント!】
高配当も狙える荒れるレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は2-1-2-5で勝率20%、

複勝率で50%とそこそこの結果を残していますが。

 

 

 

しかしながら10番人気以下も3-1-5-54と勝率4.8%、

複勝率14.3%という結果を残しており、

10番人気以下がこれだけ馬券に絡んでいるレースはほぼ例がないと言えるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると5歳馬が4勝と結果を残していますが

出走頭数から見る勝率は9.5%。

 

 

 

逆に4歳馬は2勝ですが勝率20.0%との結果になっていることから

4歳馬を中心に考えていくべきでしょう。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

逃げ及び先行馬が複勝率で36.4%となっており、

数字から見ても前に行ったほうが有利と言えます。

 

 

 

血統的にはやはりディープインパクト産駒が

過去10年でに2勝2着3回3着1回と結果を残しています。

 

 

 

またステイゴールドやゼンノロブロイ産駒も相性が良く、

やはりサンデーサイレンス系には注目せざるをえないでしょう。

 

 

 

また枠順というファクターを見てみると、

内と外で極端な偏りは見られません。

 

 

 

なお、ハンデ戦と言うことで斤量に注目してみると、

57kgから57.5kgの馬が5勝2着2回と

注目に値すると言っても良い結果を残しています。

 

 

 

また同じく斤量というファクターの特注として、

前走よりも斤量が重くなると好走率も上がるという結果も

追加すべきであると言っても良いでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

以上のプロファイルから下記の結論を導きだすことが出来ます。

 

 

  1.  4歳馬
  2.  逃げ及び先行馬
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  ハンデ57kgから57.5kg
  5.  前走より斤量増

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

難解なハンデ戦だけに手広く広げて高配当をゲットしたいものです。

 

 

最新情報をチェックしよう!