注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

七夕賞【G3】予想/2回目 2020年中央競馬(JRA)

さて先日は予想1回目としてレースの傾向と

過去10年の結果からプロファイリングしてみました。

 

 

 

結論をおさらいしてみると…

 

 

  1.  4歳馬
  2.  逃げ及び先行馬
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  ハンデ57kgから57.5kg
  5.  前走より斤量増

 

 

 

上記の5点のファクターが浮かび上がってきました。

 

 

 

しかし、まだ枠順や調教結果などの

レース結果を左右するファクターが出ていない状況ですので、

現時点で分かりうる出走予定馬から検討していきましょう。

 

 

七夕賞出走予定馬分析と予想オッズ

人気予想予想倍率馬名性別/年齢斤量
3.5クレッシェンドラヴ牡657
4.0ジナンボー牡556
6.5マイネルサーパス牡456.5
7.0ブラヴァス牡455
8.4ウインイクシード牡656
14.0パッシングスルー牝454
17.8ヒンドゥタイムズ牡455
21.2オセアグレイト牡455
21.8ノーブルマーズ牡756
23.9ヴァンケドミンゴ牡454

※出走予定馬予想オッズ上位10頭抜粋

 

引き続き想定される人気上位馬を見ていきます。

 

注目馬 想定①番人気 クレッシェンドラヴ
 

昨年の七夕賞は2着となり、秋に開催された福島記念で重賞初制覇を飾るなど、抜群のコース適性を誇る同馬。今回は中山金杯以来の実戦となりますが、
休み明けを苦にしないタイプでもあり安易に評価を下げることは禁物です。
得意の舞台で重賞2勝目を虎視眈々と狙っていることでしょう。

 

 

 

 
その他の注目馬は…?
 
福島では3戦して2勝2着1回と崩れ知らずのマイネルサーパス
重賞初挑戦となった新潟大賞典で4着と力は示した良血ブラヴァス

 

などの実力馬が出走を予定しています。

 

 

プロファイリングから探る有力馬

 

4歳馬

プロファイリングにおける①4歳馬から見ていきましょう。
登録時点における該当馬は下記の6頭になります。

 

  •  オセアグレイト
  •  パッシングスルー
  •  ヒンドゥタイムズ
  •  ブラヴァス
  •  マイネルサーパス
  •  ヴァンケドミンゴ

 

 

 

逃げ及び先行馬

そして次に②の逃げ及び先行馬について見ていきましょう。
登録時点における該当馬は下記の9頭になります。

 

  •  ウインイクシード
  •  オセアグレイト
  •  グローブシアター
  •  ジナンボー
  •  ノーブルマーズ
  •  バレリオ
  •  ヒンドゥタイムズ
  •  ブラヴァス
  •  リュヌルージュ

 

 

 

ディープインパクト産駒

そして③のディープインパクト産駒については下記2頭です。

 

  •  ジナンボー
  •  ソールインパクト

 

 

 

57kgから57.5kg

次に④のハンデ57kgから57.5kgは下記2頭です。

 

  •  エアウィンザー
  •  クレッシェンドラヴ

 

 

 

斤量増

そして最後に⑤の前走より斤量増の該当馬は下記2頭です

 

  •  エアウィンザー
  •  マイネルサーパス

 

 

プロファイリングからの結論

 

プロファイリングから各馬を探ってきましたが、

あらためて各ファクター2つ以上の条件を満たす該当馬を抜き出してみます。

 

 

  •  オセアグレイト①②
  •  エアウィンザー④⑤
  •  ジナンボー②③
  •  ヒンドゥタイムズ①②
  •  ブラヴァス①②
  •  マイネルサーパス①⑤

 

 

 

上記のように抜き出した6頭はプロファイルを2項目しか満たしておらず、

これ以上絞るのが困難な状況となりました。

 

 

 

そこで更に詳細にプロファイリングを行ってみると

下記のファクターを見いだすことが出来ました。

 

 

 

⑥重賞勝利実績

このファクターにつきましては七夕賞の過去5年の連対馬の実績を精査して、

導き出された結果とまります。

10頭中6頭が重賞の勝ち馬ということで、

プロファイリングとして十分納得いく傾向あると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

そして該当馬は下記8頭となりました。

 

 

  •  エアウィンザー
  •  クレッシェンドラヴ
  •  パッシングスルー

 

 

 

先程抜き出した6頭に⑥重賞勝利実績のファクターをプラスして検証すると、

下記の馬が3項目を満たすこととなりました。

 

 

  •  エアウィンザー④⑤⑥

 

 

上記のようにプロファイルの3項目を満たした、

下記の馬が現時点においての最有力馬となりました。

 

 

  •  ◎ エアウィンザー

 

 

ここまで見ていただいた通り、

各馬のプロファイリングがかなり重複している七夕賞ですから、

どの馬にもチャンスがあるという状況です。

 

 

 

 
なお上記の馬を現時点での有力馬といたしましたが、あくまでプロファイリングから導き出した有力馬であり、的中を保証するものではありませんし、責任も取れません。
週末の枠順確定、調教、リアルタイムのオッズ、天候など各種フィルターを通して最終的にはご自身の判断で予想していただくことをお薦めいたします。

 

 

最新情報をチェックしよう!