注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

函館2歳ステークス【G3】予想/1回目 2020年中央競馬(JRA)

さて今週は函館開催の最終週となる函館競馬場にて

函館2歳ステークスG3が行われます。

 

 

 

来年のクラシックに向けた

2歳馬最初の重賞という意味でも

非常に注目度の高い一戦となっています。

 

 

 

早速こちらのレースを探っていきましょう。

 

 

レースの傾向

 

函館芝1,200メートルで行われる函館2歳ステークス。

 

 

 

舞台となる函館芝1,200メートルは

直線が約260メートルしかない小回りコースとなっており、

相当なハイペースにでもならない限り

追い込み馬にとっては厳しいコース形態になっていると言えるでしょう。

 

 

 

向こう正面のポケットからスタートして3コーナーまでの

約800メートルが上り坂となり、

そこからゴールまでの約400メートルが下り坂となっています。

 

 

 

直線が短いため先行馬が有利ですが、

洋芝で馬場が重いため

開催の後半には差しも届きやすくなる傾向にあります。

 

 

 

過去10年の函館2歳ステークスの配当から見てみると、

波乱含みと言う言葉がしっくりくるかと思われます。

 

 

 

3連単の平均配当が約85,000円、

10万円以上の配当も過去10年で3回と

数字から見ても大波乱とまではいかないようです。

 

 

 

人気サイドから軸馬を選び、

相手には面白そうな穴馬をチョイスする

というような買い方が良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】
波乱含みのレース傾向
ペースが速くなれば差しも決まるコース形態

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

3-2-0-5で勝率30%、複勝率で50%。

 

 

 

2番人気は4-1-2-3で勝率40%、複勝率70%という結果となっており、

1、2番人気は人気なりに走っていると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

また勝ち馬については4番人気までしか出ておりませんが、

2、3着馬については下位人気馬もそれなりに馬券に絡んでいますので

人気薄も侮れず、馬券的には手広く考えていく必要があるかもしれません。

 

 

 

脚質という点から見てみると、

最も信頼度が高いのは先行勢と言えそうですが、

逃げや追い込みについてもそれぞれ2勝しているように

どの脚質にもチャンスはありそうです。

 

 

 

しかしデータ的には前走函館芝1,200メートルで

4角3番手以内の競馬をしていた馬は

7-5-5-34とそこそこの結果を残しています。

 

 

 

血統的にはやロードカナロア産駒ダイワメジャー産駒

同コースとの相性が良さそうです。

 

 

 

また母の父サクラバクシンオーという血統についても

好走が目立つ傾向にあると言えるでしょう。

 

 

 

最後に騎手絡みのファクターとして

前走からの継続騎乗かつ当日3人気以内

高確率で馬券に絡んでいるデータから導くことができました。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1、2番人気
  2.  前走函館芝1,200メートルで4角3番手
  3.  ロードカナロア産駒やダイワメジャー産駒
  4.  母の父サクラバクシンオー産駒
  5.  前走からの継続騎乗かつ当日3人気以内

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

波乱含みの一戦だけに高配当をゲットしたいものです。

 

 

最新情報をチェックしよう!