注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

函館記念【G3】予想/1回目 2020年中央競馬(JRA)

さて今週日曜日の函館開催では

函館競馬場の名物ハンデ重賞であるG3函館記念が行われます。

 

 

 

波乱決着必至の夏のハンデ戦であり、

毎年かなり難解のレースで穴党の注目の一戦となっています。

 

 

 

早速こちらのレースを探っていきましょう。

 

 

レースの傾向

 

函館芝2,000メートル行われる函館記念。

舞台となる函館芝2,000メートルは直線入口奥のポケットからスタート。

 

 

 

第1コーナーまでが約480メートルあり

平坦と下り坂が2コーナーまで続きます。

 

 

 

したがって1,800メートルよりも前半のペースが速くなり、

下級条件でもラップが大きく前傾するのが特徴となっています。

 

 

 

しかも洋芝の小回りコースとなっており、

上がり平均も36秒台とキレより

持続力が必要なコースと言えるえしょう。

 

 

 

過去10年の函館記念の配当から見てみると、

イメージ通り波乱が大前提のレースという言葉がしっくりくるかと思われます。

 

 

 

3連単の平均配当が約265,000円、

17年の915,320円を筆頭に10万円以上の配当も

過去10年で7回と数字から見ても納得出来るのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 波乱が大前提のレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

1-1-0-8で勝率10%、複勝率で20%。

 

 

 

2番人気は2-0-0-8で勝率20%、複勝率20%という結果となっており、

1、2番人気ですが全くあてに出来ないと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

しかし勝ち馬については5番人気までしか出ておらず、

2、3着に下位人気馬が飛び込んでくるという傾向であり、

馬券的には手広く考えていく必要があるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると4歳馬の勝率は6.7%ですが、

複勝率は40%とある程度は信頼の出来る数値と言えるではないでしょうか。

 

 

 

枠順と言うファクターで見てみると

2~4枠の勝率及び複勝率が高いことから、

内枠有利と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

逃げ及び先行馬の複勝率が43.2%と

そこそこ信頼度が高いと言えそうです。

 

 

 

血統的にはやステイゴールド産駒シンボリクリスエス産駒

同コースとの相性が良さそうです。

 

 

 

最後にハンデ戦ということで斤量を見ていくと

56kgが4勝と結果を残しており、

そのあとに斤量54kgが続きます。

 

 

 

なお、前走から斤量減となる馬が好走してがいるというデータがあり、

前走から斤量減で54kgという馬の信頼度が高いと言えそうです。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  4歳馬
  2.  2~4枠
  3.  逃げ及び先行馬
  4.  ステイゴールド産駒及びシンボリクリスエス産駒
  5.  斤量56kg
  6.  前走から斤量減で54kg

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

波乱が大前提の一戦だけに何とか高配当をゲットしたいものです。

 

 

最新情報をチェックしよう!