注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

函館記念【G3】予想/2回目 2020年中央競馬(JRA)

さて先日は予想1回目としてレースの傾向と

過去10年の結果からプロファイリングしてみました。

 

 

 

結論をおさらいしてみると…

 

 

  1.  4歳馬
  2.  2~4枠
  3.  逃げ及び先行馬
  4.  ステイゴールド産駒及びシンボリクリスエス産駒
  5.  斤量56kg
  6.  前走から斤量減で54kg

 

 

 

上記の6点のファクターが浮かび上がってきました。

 

 

 

しかし、まだ枠順や調教結果などの

レース結果を左右するファクターが出ていない状況ですので、

現時点で分かりうる出走予定馬から検討していきましょう。

 

 

函館記念出走予定馬分析と予想オッズ

人気予想予想倍率馬名性別/年齢斤量
3.3レイエンダ牡557
5.0トーラスジェミニ牡456
5.0ニシノデイジー牡456
5.5カウディーリョ牡455
12.3ベストアプローチセ656
14.1ミスマンマミーア牝552
15.0マイネルファンロン牡555
19.0バイオスパーク牡555
21.9アドマイヤジャスタ牡454
26.6レッドサイオン牡454

※出走予定馬予想オッズ上位10頭抜粋

 

引き続き想定される人気上位馬を見ていきます。

 

注目馬 想定①番人気 / レイエンダ
 

昨年(2019年)のエプソムCで重賞初制覇。連覇を狙った前走の2020年エプソムCでは10着に敗れた同馬。
好走と凡走を繰り返すムラの多い馬ですが、洋芝においては2戦2勝と相性の良い舞台に替わって前進が必至です。
鞍上には引き続きルメール騎手を確保しており、良血馬復活に向けて好走できる条件は揃ったと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 
その他の注目馬は…?
 
前哨戦の巴賞を逃げ切ったトーラスジェミニ
名牝ディアデラノビアの仔で初重賞制を狙うカウディーリョ
など多数の期待馬が出走を予定しています。

 

 

プロファイリングから探る有力馬

 

①4歳馬

プロファイリングにおける①4歳馬から見ていきましょう。登録時点における該当馬は下記の7頭になります。

 

  •  アドマイヤジャスタ
  •  カウディーリョ
  •  トーラスジェミニ
  •  ニシノデイジー
  •  ランフォザローゼス
  •  レイエンダ
  •  レッドサイオン

 

 

 

②2~4枠

次の②2~4枠というファクターについては枠順発表後に確認しなければなりません。

 

 

 

③逃げ及び先行馬

引き続き③逃げ及び先行馬というファクターから見ていきましょう。登録時点における該当馬は下記の5頭になります。

 

  •  カウディーリョ
  •  スズカロング
  •  トーラスジェミニ
  •  バイオスパーク
  •  マイネルファンロン

 

 

 

④ステイゴールド産駒及びシンボリクリスエス産駒

次に④ステイゴールド産駒及びシンボリクリスエス産駒を見ていきましょう。登録時点における該当馬は下記の1頭になります

 

  •  マイネルファンロン

 

 

 

⑤斤量56kg

そして⑤斤量56kgを見ていきましょう。登録時点における該当馬は下記の3頭になります

 

  •  トーラスジェミニ
  •  ニシノデイジー
  •  ベストアプローチ

 

 

 

⑥前走から斤量減で54kg

最後に⑥前走から斤量減で54kgを見ていきましょう。登録時点における該当馬は下記の3頭になります

 

  •  アドマイヤジャスタ
  •  レッドサイオン

 

 

プロファイリングからの結論

 

プロファイリングから各馬を探ってきましたが、

現時点で各ファクター2つ以上の条件を満たす該当馬を抜き出してみます。

 

 

  •  アドマイヤジャスタ①⑥
  •  カウディーリョ①③
  •  トーラスジェミニ①⑤
  •  ニシノデイジー①⑤
  •  レッドサイオン①⑥
  •  マイネルファンロン③④

 

 

 

上記の6頭が各ファクター2つ以上の条件を満たす

該当馬として抽出されましたが、

枠順発表の後に検討するプロファイルが残っております。

 

 

 

あらためて②2~4枠を満たす馬を確認したのち、

各ファクターの条件を満たした数が多い馬を推奨馬といたします。

 

 

 

なお、推奨馬の馬名に関しては回顧時にあらためて記載させていただきます。

 

 

 

 
当予想に関してはあくまでプロファイリングから導き出した有力馬であり、的中を保証するものではありませんし、責任も取れません。
週末の枠順確定、調教、リアルタイムのオッズなど各種フィルターを通して最終的にはご自身の判断で予想していただくことをお薦めいたします。

 

 

最新情報をチェックしよう!