注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

エルムステークス【G3】予想/1回目 2020年 中央競馬(JRA)

さて今週は夏の札幌競馬で

唯一行われるダート重賞エルムステークスG3が行われます。

 

 

 

過去10年を振り返ると1番人気が7度も絡んでいるように、

上位人気馬が存分に実力を発揮し、

堅く収まる傾向にあるレースといえるでしょう。

 

 

 

夏以降のハイグレード戦を見据え、

賞金加算必須の砂巧者達が文字通り熱い戦いを繰り広げる注目の一戦です。

 

 

レースの傾向

 

札幌競馬場のダート1,700メートルで行われるエルムステークス。

 

 

 

札幌競馬場のダートコースは高低差がほとんどない平坦コースとなっており、

半径が大きいコーナーはカーブが緩やかなうえに、

更に直線距離が264mと短いため

逃げ・先行馬が有利という特徴をもっています。

 

 

 

好位から長くいい脚を使った馬が好成績を残している一方で、

緩いコーナーを利して一気にポジションを上げる

マクリもよく決まるという傾向を持っており、

いずれにしても直線入口では前めのポジションにいないと

厳しいと言えそうです。

 

 

 

3連単の平均配当が約56,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが2レースと

比較的穏やかなレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 比較的穏やかなレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

2-1-3-4で勝率20%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は4-1-0-5で勝率40%、

複勝率50%という結果となっており、

1、2人気の馬券圏内率が高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると5歳馬が5勝2着3回3着4回、

次に4歳馬が4勝2着1回3着2回と

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

逃げ及び先行馬の複勝率が60%となっており、

やはりこちらの脚質を狙うべきではないでえしょうか。

 

 

 

なお同コースを血統で見ていくと、

ゴールドアリュール産駒・カネヒキリ産駒が好成績を残しています。

 

 

 

また特注ファクターとして、

前走を連対して参戦した場合は複勝率が41.5%となっており、

こちらも見逃せないデータと言えるのではないでしょうか。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1、2番人気
  2.  4、5歳馬
  3.  逃げ及び先行馬
  4.  ゴールドアリュール産駒・カネヒキリ産駒
  5.  前走連対

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

しっかり軸を決めて小点数でゲットしたいものです。

 

 

最新情報をチェックしよう!