注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

関屋記念【G3】予想/1回目 2020年 中央競馬(JRA)

さて今週の新潟競馬場では

サマーマイルシリーズ第3戦の関屋記念が行われます。

 

 

 

秋のG1戦線へとつながる

重要な一戦と言っても過言ではない同レース。

 

 

 

過去にはジャスタウェイ、ダノンシャークといった馬たちが

このレースを好走して秋のG1につなげています。

 

 

 

今年もそれに続く馬が誕生するか要注目の一戦です。

 

 

レースの傾向

 

新潟芝1,600メートル外回りコースで行われる関屋記念。

 

 

 

スタート地点は向こう正面の中ほどにあり、

そこから3コーナーに向かって直線548メートルの上り坂となっています。

 

 

 

第3コーナーで一旦緩みますがそれ以降はほぼ下りとなっており、

スピードがついた状態で第4コーナーを回ることになります。

 

 

 

そのため前半は遅く、後半は下り坂を駆け下りて

勢いがついたまま直線に向くので

上がりが速くなりやすいコース形態となっています。

 

 

 

そしてゴール前の直線は635メートルもありますが

ほぼ平坦となっており、

直線での上がり勝負となる傾向が強いコースとも言えるでしょう。

 

 

 

また3連単の平均配当が約57,000円となっており、

過去10年間の10万円越えの配当も3回しかない同レース。

 

 

 

上位人気馬が実力を遺憾なく発揮し、

比較的紛れの少ないレース傾向と言えるかもしれません。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 比較的紛れの少ないレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

3-2-1-4で勝率30%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は1-2-0-7で勝率10%、

複勝率30%という結果となっており、

1番人気は比較的安定した結果を残していると言えそうです。

 

 

 

また年齢で見てみると、

勝利数のトップは4勝を挙げている5歳馬となっていますが、

馬券に絡む確率では4歳馬がリードしており、

4、5歳馬を狙っていくべきではないでしょうか。

 

 

 

なお脚質という点から見てみると、

逃げ及び先行馬の複勝率が31.1%となっており、

やはりこちらを狙っていくべきではないでしょうか。

 

 

 

最後同コースを血統で見ていくと、

ディープインパクト産駒が好成績を残しています。

 

 

 

また枠順で見ていくと7、8枠がそれぞれ5勝2着1回、

3勝2着3回と圧倒的に外枠が有利だと言っても良いのではないでしょうか。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1番人気
  2.  4、5歳馬
  3.  逃げ及び先行馬
  4.  ディープインパクト産駒
  5.  7、8枠

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけるのではないでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!