注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

キーンランドカップ【G3】2020年 競馬予想/1回目(JRA)

さて今週の札幌競馬では秋の短距離G1戦線を見据えた

実績馬によるキーンランドカップG3が行われます。

 

 

 

サマースプリントシリーズの第5戦となっている同レース。

 

 

 

1着馬にはG1スプリンターズSの

優先出走権が与えられることもあり、

今後の短距離戦線を占う見逃せない一戦となりそうです。

 

 

レースの傾向

 

札幌競馬場の芝2,000メートルで行われるキーンランドカップ。

 

 

 

札幌競馬場の芝コースは高低差が

ほとんどない平坦コースとなっており、

向う正面のポケットからスタートする同コース。

 

 

 

スタートしてから3コーナーまでは412メートルあり、

向う正面はずっと上りが続きます。

 

 

 

小回りコースだけに逃げ・先行有利であることは確かですが、

スタート後から長く競り合うと

前崩れの展開になって差し馬が台頭するシーンもありえます。

 

 

 

3連単の平均配当が約78,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが3レースと

比較的穏やかなレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 比較的穏やかなレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

3-3-2-2で勝率30%、複勝率で80%。

 

 

 

2番人気は3-2-0-5で勝率30%、

複勝率50%という結果となっており、

1番人気及び2番人気の馬券圏内率がかなり高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると4歳馬が安定した成績を残しており、

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また脚質で見てみると

逃げ・先行馬の複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

なお枠順を見てみると

6枠・7枠が勝率及び複勝率が高く

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また特注ファクターとして、

前走函館スプリントSに出走

当該レースで当日1~3番人気に支持された馬については

複勝率がかなり高くなっています。

 

 

 

こちらも見逃せないデータと言えるのではないでしょうか。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1・2番人気
  2.  4歳馬
  3.  逃げ・先行馬
  4.  6・7枠
  5.  前走函館スプリントSに出走した当日1~3番人気馬

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!