注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

札幌2歳ステークス【G3】競馬予想/1回目 2020年(JRA)

さて今週の札幌競馬では夏の北海道開催を締めくくる

2歳中距離重賞である札幌2歳ステークスG3が行われます。

 

 

 

今年の2歳世代にとっては初の中距離重賞となる同レース。

 

 

 

キャリアも少なく、実力も未知数な馬達による

”難解”なレースと言っても良いのではないでしょうか。

 

 

レースの傾向

 

札幌競馬場の芝1,800メートルで行われる札幌2歳ステークス。

 

 

 

札幌競馬場の芝コースは洋芝での開催となっており、

野芝よりもスタミナやパワーが必要とされ

決着時計が遅くなりやすい傾向を持っています。

 

 

 

スタンド手前からスタートして

競馬場を1周するコースとなり、

最初のコーナーまでが185mと短く先行争いはそれほど激しくなりません

 

 

 

逃げ・先行馬が有利な条件となっていますが、

内枠の差し馬には注意を払う必要があるでしょう。

 

 

 

3連単の平均配当が約132,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが3レースと

波乱含みのレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

2-2-2-4で勝率20%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は1-2-1-6で勝率10%、

複勝率40%という結果となっており、

1・2人気の馬券圏内率がかなり高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると先行馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

また枠順を見てみると7枠・8枠が勝率及び複勝率が高く

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

なお血統面で見ていくと父ステイゴールド系の相性が良いようです。

 

 

 

また最後に、前走の上がり3F1位の馬の馬券圏内率が高いので、

こちらも見逃せないデータと言えるのではないでしょうか。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1・2番人気
  2.  先行馬
  3.  7枠・8枠
  4.  父ステイゴールド系
  5.  前走上がり3F1位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!