注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

新潟記念【G3】競馬予想/1回目 2020年(JRA)

さて今週の新潟競馬場では

サマー2000シリーズの最終戦となっている新潟記念G3が行われます。

 

 

 

夏の新潟開催を締めくくる名物重賞となっている同レース。

 

 

 

秋のG1戦線につながる、古馬のハンデ重賞として要注目の一戦です。

 

 

レースの傾向

 

新潟芝2,000メートル外回りコースで行われる新潟記念。

 

 

 

第2コーナー奥のポケットからスタートし、

3コーナー入り口まで直線が約950メートルも続きます。

 

 

 

3~4コーナーはスパイラルカーブ

やや急な下り坂となっており、

スピードがついた状態で第4コーナーを回ることになります。

 

 

 

そしてゴール前の直線は

日本最長を誇る659メートルもあり、

直線での瞬発力勝負となる傾向が強いコースとも言えるでしょう。

 

 

 

また3連単の平均配当が約190,000円となっており、

過去10年間の10万円越えの配当が7回もある同レース。

 

 

 

ハンデ重賞だけに波乱含みのレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

2-2-0-6で勝率20.0%、複勝率40.0%。

 

 

 

2番人気は2-0-0-8で勝率、複勝率ともに

20.0%%という結果となっており、人気馬の信頼性は今一つと言えます。

 

 

 

年齢で見ていると4・5歳馬の複勝率が安定しており

こちらを狙っていくべきではないでしょうか。

 

 

 

また脚質という点から見てみると、

先行及び差し馬の勝率及び複勝率が高いことから

こちらを狙っていくべきしょう。

 

 

 

そして同コースを血統で見ていくと、

ディープインパクト産駒が好成績を残しています。

 

 

 

次に枠順で見ていくと、3・4枠の馬たちが好成績を残しているようです。

 

 

 

そして最後に前走4角4~9番手で通過した馬たちが

好成績を残しているからこちらを狙っていくべきではないでしょうか。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  4・5歳馬
  2.  先行及び差し馬
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  3・4枠
  5.  前走4角4~9番手で通過した馬

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけるのではないでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!