注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

紫苑ステークス【G3】競馬予想/1回目 2020年(JRA)

 

さて今週は秋競馬開幕となる中山競馬場において、

土曜メインには牝馬三冠トライアルの初戦となる

紫苑ステークスが行われます。

 

 

 

重賞昇格後は

のちのG1ウイナーを多数輩出しており、

またこのレースの3着馬までには

秋華賞の優先出走権が与えられるということで

非常に注目度の高い一戦となっています。

 

 

レースの傾向

 

中山競馬場の芝2,000メートル

内回りコースで行われる紫苑ステークス。

 

 

 

直線入り口あたりからスタートし、

一旦ゴール前の急坂を超えて、

最初のコーナーまでは404.9メートルと長くなっています。

 

 

 

そのまま競馬場を1周するコースとなり、

ゴール前の直線の長さは308メートル

2度の急坂を超えるタフなレースを強いられます。

 

 

 

脚質的には先行馬が強く、

更に後半は長くいい脚が求められるますが

マクリがハマり易いのも特色と言えるでしょう。

 

 

 

3連単の平均配当が約118,000円となっており、

過去10年で見ても

10万円越えのレースが2レースと

比較的穏やかなレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 比較的穏やかなレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

3-1-2-4で勝率30%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は3-1-0-6で勝率30%、

複勝率40%という結果となっており、

1・2人気の馬券圏内率がかなり高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると

差し馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

また枠順を見てみると

7枠・8枠が勝率及び複勝率が高く、

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

なお血統で見ていくと

ディープインパクト産駒の相性が良いようです。

 

 

 

また最後に、

前走の上がり3F1位の馬の馬券圏内率が高いので、

こちらも見逃せないデータと言えるのではないでしょうか。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1・2番人気
  2.  差し馬
  3.  7枠・8枠
  4.  ディープインパクト産駒
  5.  前走上がり3F1位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!