注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

セントライト記念【G2】サトノフラッグが有力。競馬予想プロファイリング

 

さて先日は予想1回目としてレースの傾向と

過去10年の結果からプロファイリングしてみました。

 

 

 

結論をおさらいしてみると…

 

 

 

  1.  1・2番人気
  2.  先行馬・差し馬
  3.  3枠・4枠
  4.  ディープインパクト産駒・ステイゴールド産駒
  5.  前走ダービー出走馬

 

 

 

上記の5点のファクターが浮かび上がってきました。

 

 

 

しかし、まだ枠順や調教結果などの

レース結果を左右するファクターが出ていない状況ですので、

現時点で分かりうる出走予定馬から検討していきましょう。

 

 

 

セントライト記念出走予定馬分析と予想オッズ

人気予想予想倍率馬名性別/年齢斤量
2.5サトノフラッグ牡356
3.0ガロアクリーク牡356
6.2フィリオアレグロ牡356
6.3ヴァルコス牡356
7.1バビット牡356
18.6リスペクト牡356
21.5ダノンファスト牡356
39.9ラインハイト牡356
40.1ココロノトウダイ牡356
107.7マイネルソラス牡356

※出走予定馬予想オッズ上位10頭抜粋

 

引き続き想定される人気上位馬を見ていきます。

 

注目馬 想定①番人気【サトノフラッグ】
 

未勝利、1勝クラスでは3馬身差の快勝を果たし、続く弥生賞で重賞初制覇を果たす。クラシックでは結果を残せませんでしたが、同世代のトップがいないここは必勝を期したいところ。
ここで巻き返しを図り、秋のG1戦線に向かいたいものです。

 
 
 
その他、スプリングSで初重賞を制したガロアクリークなどの実力馬が出走を予定しています。

 

 

 

プロファイリングから探る有力馬

 

①1・2番人気

まずはプロファイリングにおける①1・2番人気については当日のオッズを確認しなければなりません。しかしながら、ここでは下記の馬を仮の該当馬といたします。

 

  •  サトノフラッグ
  •  ガロアクリーク

 

 

 

②先行馬・差し馬

次に②先行馬・差し馬というファクターから見ていきましょう。登録時点における該当馬は下記の10頭になります。

 

  •  ガロアクリーク
  •  ココロノトウダイ
  •  サトノフラッグ
  •  ダノンファスト
  •  ピースディオン
  •  フィリオアレグロ
  •  マイネルソラス
  •  ラインハイト
  •  リスペクト
  •  ヴァルコス

 

 

 

③3枠・4枠

なお次の③3枠・4枠については枠順発表後に検討するプロファイルとなります。

 

 

 

④ディープインパクト産駒・ステイゴールド産駒

そして④ディープインパクト産駒・ステイゴールド産駒というファクターの該当馬は下記2頭です

 

  •  サトノフラッグ
  •  フィリオアレグロ

 

 

 

⑤前走ダービー出走馬

そして最後に⑤前走ダービー出走馬というファクターの該当馬は下記3頭です。

 

  •  ガロアクリーク
  •  サトノフラッグ
  •  ヴァルコス

 

 

 

プロファイリングからの結論

 

プロファイリングから各馬を探ってきましたが、

あらためて各ファクター2つ以上の条件を満たす該当馬を抜き出してみます。

 

 

 

  •  ガロアクリーク①②⑤
  •  サトノフラッグ①②④⑤
  •  フィリオアレグロ②④
  •  ヴァルコス②⑤

 

 

 

上記が各ファクター2つ以上の

条件を満たす該当馬として抽出されましたが、

枠順発表確認後及び当日オッズ確認後に

検討するプロファイルが残っております。

 

 

レース当日に残りのプロファイルを満たす馬を抽出し、

あらためて各条件を満たした数が多い馬を推奨馬といたしますが、

現時点においては下記を仮推奨馬とさせていただきます。

 

 

 

  •  ◎ サトノフラッグ

 

 

 

なお、推奨馬の馬名に関しては回顧時にあらためて記載させていただきます。

 

 

 

 
当サイトにおきましてはあくまでプロファイリングから導き出された有力馬であり、的中を保証するものではありませんし、責任も取れません。
週末の枠順確定、調教、リアルタイムのオッズなど各種フィルターを通して最終的にはご自身の判断で予想していただくことをお薦めいたします。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!