注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

産経賞オールカマー【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の中山競馬場では

日曜のメインレースに伝統の古馬重賞である

産経賞オールカマーが行われます。

 

 

 

1着馬には天皇賞・秋の優先出走権が付与されており、

天皇賞の前哨戦として位置付けられる

同レースは要注目のレースと言えるでしょう。

 

 

 

レースの傾向

 

中山競馬場の芝2,200メートル

外回りコースで行われる産経賞オールカマー。

 

 

 

直線入り口あたりからスタートし、

一旦ゴール前の急坂を超えて、

最初のコーナーまでは約430メートルと長くなっています。

 

 

 

そのまま競馬場を外回りで1周するコースとなり、

ゴール前の直線の長さは310メートル、

2度の急坂を超えるタフなレースを強いられます。

 

 

 

前半はゆったりと流れて、

後半の向正面あたりから

長く良い脚を使い続けることが

要求されるコースと言えるでしょう。

 

 

 

3連単の平均配当が約22,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースは皆無と

穏やかなレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 穏やかなレース傾向

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における

1番人気の結果は

3-4-1-2で勝率30%、複勝率で80%。

 

 

 

2番人気は1-1-3-5で

勝率10%、複勝率50%という結果となっており、

1人気の馬券圏内率がかなり高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると

4歳馬の勝率及び複勝率が高く

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また脚質で見てみると

先行馬・差し馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

なお、血統で見ていくと

ディープインパクト産駒・ステイゴールド産駒

との相性が良いようです。

 

 

 

最後に、

前走G1レース出走馬の馬券圏内率が高いので、

こちらも見逃せないデータと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1番人気
  2.  4歳馬
  3.  先行馬・差し馬
  4.  ディープインパクト産駒・ステイゴールド産駒
  5.  前走ダービー出走馬

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!