注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

神戸新聞杯【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の日曜は中京競馬場において、

菊花賞トライアル神戸新聞杯が行われます。

 

 

 

1着から3着までには菊花賞の優先出走権が与えられる同レース。

 

 

 

今年は中京芝2,200メートルで行われますが、

菊花賞へ向けて見逃せない一戦と言えるでしょう。

 

 

 

レースの傾向

 

中京競馬場の芝2,200メートルで行われる神戸新聞杯。

 

 

 

ホームストレッチの

4コーナーポケットからスタートして

コースを1周する同コース。

 

 

 

1コーナーまでは約500メートルあり、

200メートル付近から向こう正面半ばまでは

ほぼ上り坂を走る構造で、

その後は直線の入り口まで緩やかな下りとなります。

 

 

 

残り340メートル付近から

再び急坂を上ることになるため、

スタミナや持久力が要求されるタフなコースとなっています。

 

 

 

3連単の平均配当が約16,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースは皆無と

穏やかなレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
【ここがポイント!】 穏やかなレース傾向
 

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

7-2-0-1で勝率70%、複勝率で90%。

 

 

 

2番人気は2-3-2-3で勝率20%、

複勝率70%という結果となっており、

1番人気の馬券圏内率がかなり高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると先行馬・差し馬

勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

また枠順で見てみると

3枠・4枠の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙う必要がありそうです。

 

 

 

なお血統面で注目すべきは

ディープインパクト産駒となっており、

同コースと相性が良いようです。

 

 

 

最後に「ダービー馬」

好結果を残す傾向にあるので

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

 

※今年は京都競馬場の改修工事の影響のため、阪神競馬場ではなく中京競馬場で開催される同レース。
レース傾向が変わってしまう可能性も高いため、参考程度にとどめておいたほうが良いかもしれません。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1番人気
  2.  先行馬・差し馬
  3.  3枠・4枠
  4.  ディープインパクト産駒
  5.  ダービー馬

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、馬の調子などを

加味して最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!