注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

産経賞オールカマー【G2】競馬予想プロファイリング 予想回顧(2020年)

 

さて先日はレースの傾向と

過去10年の結果からプロファイリングして

産経賞オールカマーの予想を行いました。

 

 

 

レースが行われて結果も出たので

予想を振り返りながら回顧していきましょう。

 

 

 

プロファイリングからの結論

 

プロファイリングから導き出された最有力馬は下記の馬となりました。

※プロファイリング①を確認し抽出した馬となります。

 

 

 

  •  ◎ カレンブーケドール
  •  ◎ ミッキースワロー

 

 

 

産経賞オールカマー記念結果

 

  •  1着 4番  センテリュオ
  •  2着 8番  カレンブーケドール
  •  3着 7番  ステイフーリッシュ

 

動画はこちら⇩

 

<当サイト推奨馬>

 

  •  カレンブーケドール 2着
  •  ミッキースワロー 5着

 

 

 

レース回顧

 

第66回産経賞オールカマー(G2)が行なわれ、

5番人気のセンテリュオが

同レースを制覇し、初重賞制覇を成し遂げました。

 

 

 

センテリュオはスタートを切ると

無理することなく後方の内に位置して追走。

 

 

 

そのまま大外を回って直線を向くと、

残り200メートル付近から末脚を爆発させ

ゴール直前で先頭のカレンブーケドールを捕らえて

ゴールに飛び込みました。

 

 

 

2着には2番人気のカレンブーケドール、

3着には3番人気のステイフーリッシュが

続いて入線し、

人気馬が実力を発揮した決着となりました。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

  •  カレンブーケドール②③④
  •  ミッキースワロー①③⑤

 

 

 

カレンブーケドールが該当していたプロファイル

 

  •  ②4歳馬
  •  ③先行馬・差し馬
  •  ④ディープインパクト産駒・ステイゴールド産駒

 

 

 

ミッキースワローが該当していたプロファイル

 

  •  ①1番人気
  •  ③先行馬・差し馬
  •  ⑤前走G1出走馬

 

 

 

今回の当サイト推奨馬については、

残りの①のファクターを確認して

抽出したところ、

最終的には上記2頭の推奨となりました。

 

 

 

カレンブーケドールにおいては

2番人気にも評価された実力馬でもあり、

人気馬として連を確保し

面目を保ったといったところでしょうか。

 

 

 

もう一頭の推奨馬であるミッキースワローも

勝ち馬と一緒に

併せ馬で上がって行きましたが、

最後は無理せず5着入線となりました。

 

 

 

 

当予想においては特別レース登録馬をベースにした予想オッズを使用しており、実際のオッズとは違いますし枠順も確定しておりません。
あくまで参考程度にとどめていただき、さらに独自のプロファイリング盛り込んで的中に近づいていただければと思います。

 

 

 

当サイトの予想結果

2-3-2-10

※今回は推奨馬が複数のため、結果には反映しておりません。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!