注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

京都大賞典【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週日曜の京都競馬場では、

メインレースに京都大賞典が行われます。

 

 

 

優勝馬には天皇賞(秋)の優先出走権

与えられる前哨戦として位置づけられている同レース。

 

 

 

古馬だけでなく3歳馬も含め、

中長距離路線の実績馬が多数参戦し、

秋のG1戦線を占う上でも重要な一戦となっています。

 

 

 

レースの傾向

 

京都競馬場の外回り芝2,400メートル

行われる京都大賞典。

 

 

 

1コーナー奥のポケットからスタートし、

スタンド前の直線およそ600メートルあるので

1コーナーに入るまでには

ペースが落ち着く傾向にあります。

 

 

 

3コーナーの下りからペースは上がるものの、

距離が長いぶんペースアップは緩やかで、

直線が平坦なため上がりは速くなり

スムーズにトップスピードに乗れる能力が

要求されるコースと言えるでしょう。

 

 

 

3連単の平均配当が約565,000円となっており、

過去10年で見ても100万円越えのレースが

2レースあるという波乱含みの

レース傾向と言えるではないでしょうか。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果

3-1-2-4で勝率30%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は2-1-3-4で勝率20%、

複勝率60%という結果となっており、

1番・2番人気の馬券圏内率が高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると

先行馬の複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

そして枠順で見てみると

2枠の複勝率が高くなっており

こちら狙う必要がありそうです。

 

 

 

また最後に

「前走よりも今回距離延長かつ上がり3F1位」

という馬が好結果を残す傾向にあるので

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

 

 

  1.  1番・2番人気
  2.  先行馬
  3.  2枠
  4.  前走よりも今回距離延長かつ上がり3F1位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!