注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

秋華賞【G1】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週日曜の京都競馬場では、

メインレースにG1秋華賞が行われます。

 

 

 

春の桜花賞、オークスに続く、

3歳牝馬3冠の最終戦となる同レース。

 

 

 

史上初の無敗の3冠牝馬が誕生するかに

注目が集まる一戦となっています。

 

 

 

レースの傾向

 

京都競馬場の内回り

芝2,000メートルで行われる秋華賞。

 

 

 

スタンド前の直線半ばからスタートし、

1コーナーまでの距離が309メートルと短いため

先行争いが激しくなる傾向にあります。

 

 

 

またゴール前の直線も短く

先行馬が有利のように見えますが、

コーナーでゴチャつくため馬群で揉まれやすく、

数字以上に消耗しやすいコースと言えます。

 

 

 

長い脚よりも一瞬の切れ味が求められる

コースと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

3連単の平均配当が約54,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが

1レースと比較的穏やかなレース傾向と

言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 穏やかなレース傾向

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

4-1-1-4で勝率40%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は1-3-1-5で勝率10%、

複勝率50%という結果となっており、

1番人気の馬券圏内率が高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると

差し馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

そして種牡馬で見てみると

ディープインパクト産駒の勝率・複勝率

高くなっておりこちら狙う必要がありそうです。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位」という馬が

好結果を残す傾向にあるので

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1番人気
  2.  差し馬
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  前走上がり3F1位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!