注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

富士ステークス【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の東京競馬場では、

土曜日のメインレースに

富士ステークスが行われます。

 

 

 

マイルチャンピオンシップへとつながる

マイル重賞に位置づけられた同レース。

 

 

 

本番との関連性が深い

同レースが今年からG2に昇格しており、

ますます見逃せない一戦となりそうです。

 

 

 

レースの傾向

 

東京芝1,600メートルで行われる富士ステークス。

 

 

 

2コーナー奥からスタートし、

3コーナーに向かって250メートル地点までは

緩やかな下りが続きます。

 

 

 

向正面半ば辺りに上りがあり、

その後3コーナーにかけて

再度下りの状態でコーナーに突入するため、

息を抜きたいはずのコーナーで

息が抜けない状況となります。

 

 

 

最後の直線は525.9メートルで

直線に向いてすぐに約160メートルの上りがあり、

ゴールまでの残り約300メートルは

ほぼ平坦のコースとなります。

 

 

 

前半が速くなりやすく、

最後の直線で坂を上った後に

ゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが

要求されるタフなコースと

言えるのではないでしょうか。

 

 

 

3連単の平均配当が約288,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えの

4レースと実力馬が力を発揮しますが、

人気薄も飛び込んできており

波乱含みレース傾向と言えるでしょう。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みレース傾向

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

3-1-0-6で勝率30%、複勝率で40%。

 

 

 

2番人気は4-0-1-5で勝率40%、

複勝率50%という結果となっており、

人気程の信頼感はない

と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

年齢で見てみると

4歳馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきだと思います。

 

 

 

また枠順で見てみると

4枠・5枠の勝率・複勝率が高くなっており

こちら狙う必要がありそうです。

 

 

 

そして種牡馬で見てみると

ディープインパクト産駒

相性が良いようです。

 

 

 

なお性別で見てみると

牝馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらにも注目が必要でしょう。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位」という馬が

好結果を残す傾向にあるので

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  4歳馬
  2.  4枠・5枠
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  牝馬
  5.  前走上がり3F1位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!