注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

菊花賞【G1】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週日曜の京都競馬場では、

メインレースにG1菊花賞が行われます。

 

 

 

春の皐月賞、ダービーに続く、

3歳牡馬3冠の最終戦となる同レース。

 

 

 

先週のデアリングタクトに引き続き、

無敗の3冠馬が誕生するかに

注目が集まる一戦となっています。

 

 

 

レースの傾向

 

京都競馬場の外回り

芝3,000メートルで行われる菊花賞。

 

 

 

向正面の上り坂の途中からスタートして、

6つのコーナーを回りながら

コースをほぼ1周半する長丁場となる菊花賞。

 

 

 

スタートしてから3コーナーまでの距離が

約200メートルと短く、

3コーナーに入ってすぐ急な下りがあるが

それ以外はほぼ平坦なコースとなります。

 

 

 

豊富なスタミナが必要なうえ、

距離延長に対応できる順応性や

インを回れる器用さが求められるコースと言えそうです。。

 

 

 

3連単の平均配当が約121,000円となっており、

過去10年で見ても

0万円越えのレースが3レースとなっています。

 

 

 

ここ10年間では1~3番人気馬が

1頭は絡んでますが、

紐には人気薄も絡んでおり

波乱含みのレース傾向と言っても

良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

 

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

5-1-2-2で勝率50%、複勝率で80%。

 

 

 

2番人気は0-3-0-7で勝率0%、

複勝率30%という結果となっており、

1番人気の馬券圏内率が高いレースと言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると

先行馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

そして種牡馬で見てみると

ディープインパクト産駒の勝率・複勝率が

高くなっておりこちら狙う必要がありそうです。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位ないし2位」

という馬が好結果を残す傾向にあるので

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1番人気
  2.  先行馬
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  前走上がり3F1位ないし2位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!