注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

天皇賞(秋)【G1】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の東京競馬場では、

日曜日のメインレースに

【G1】天皇賞(秋)が行われます。

 

 

 

秋競馬の目玉である

古馬中距離GⅠ戦線の第一弾として

位置づけられている同レース。

 

 

 

過去には「荒れるGⅠ」とも

言われていましたが、

ここ5年は1番人気が4勝を挙げています。

 

 

 

今年は堅いのか、

それとも波乱の結末か…

要注目のレースです。

 

 

 

レースの傾向

 

東京芝2,000メートルで行われる天皇賞(秋)。

 

 

 

1コーナー奥のポケット地点からスタートし、

2コーナーまでの距離は

およそ130メートルと短いため、

多頭数の外枠は距離ロスが大きいと言えそうです。

 

 

 

向正面半ばには上り坂があり、

その後3コーナーにかけては下っていき、

最後の直線は525.9メートル。

 

 

 

直線に向いてすぐ

約160メートルの地点には上り坂があり、

そこからゴールまでの残り約300メートルは

ほぼ平坦なコースとなります。

 

 

 

最後の直線で坂を上った後に

ゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される、

タフなコースと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

3連単の平均配当が約53,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えの2レースと

比較的穏やかなレース傾向と言えるでしょう。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 穏やかなレース傾向

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

5-2-1-2で勝率50%、複勝率で80%。

 

 

 

2番人気は1-3-2-4で勝率10%、

複勝率60%という結果となっており、

1,2番人気の信頼度は高いと言って

良いのではないでしょうか。

 

 

 

年齢で見てみると

4,5歳馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

また枠順で見てみると

4枠の勝率・複勝率が高くなっており、

こちら狙う必要がありそうです。

 

 

 

なお脚質で見てみると

差し馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらにも注目が必要でしょう。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位ないし2位」

という馬が好結果を残す傾向にあるので

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1,2番人気
  2.  4,5歳馬
  3.  4枠
  4.  差し馬
  5.  前走上がり3F1位ないし2位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

最新情報をチェックしよう!