注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

アルゼンチン共和国杯【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の東京競馬場では、

日曜日のメインレースに名物ハンデ重賞の

アルゼンチン共和国杯が行われます。

 

 

 

ジャパンカップや有馬記念の

前哨戦という位置づけでもある同レース。

 

 

 

ここを好走した多くの馬が

後の中長距離G1でも

勝ち負けを演じており要注目の一戦です。

 

レースの傾向

 
東京芝2,500メートルで
行われるアルゼンチン共和国杯。
 
 
 
ホームストレッチ前の
直線の坂下からスタートして
1コーナーまでの距離は約450メートルほど。
 
 
 
1コーナー手前から向正面半ばまで
緩やかに下っていき、
その後やや急な上り坂を越えると
3コーナーまで下ります。
 
 
 
4コーナーを廻り直線を向くと
約160メートルの上り坂があり、
ゴール前の残り約300メートルはほぼ平坦。
 
 
 
最後の直線は525.9メートルと
長い上にスタート直後を含めて
3回も坂を上ることになるため、
非常にタフでスタミナを問われる
コースであると言えるでしょう。
 
 
 
3連単の平均配当が
約30,000円となっており、
過去10年で見ても
10万円越えのレースが出てないという、
 
上位人気馬が実力を発揮して
固く収まっている
穏やかなレース傾向と言えるでしょう。
 
 
 
dodo
【ここがポイント!】 穏やかなレース傾向
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における

1番人気の結果は

3-2-1-4で勝率30%、複勝率で60%。

 

 

 

2番人気は4-1-0-5で

勝率40%、複勝率50%。

 

 

 

3番人気に至っては2-1-5-2で

複勝率が80%という結果となっており、

1~3人気の信頼度は高そうです。

 

 

 

年齢で見てみると

3歳馬の複勝率が高くなっており、

こちら狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また脚質で見てみると

先行馬の複勝率が高くなっているようです。

 

 

 

なお前走との斤量差で見てみると

「前走より斤量減」の勝率・複勝率

高くなっており、

こちらが狙い目かもしれません。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位」という馬が

好結果を残す傾向にあるので、

こちらも狙っていく必要がありそうです。

 

プロファイルからの結論

 
 
  1.  1~3番人気
  2.  3歳馬
  3.  先行馬
  4.  前走より斤量減
  5.  前走上がり3F1位
 
 
 
上記のような条件で該当の馬を抽出し、
更に調教やコース適正、騎手や枠順、
馬の調子などを加味して最終結論を出せば
少しでも的中に近づけることでしょう。
 
最新情報をチェックしよう!