注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

京阪杯【G3】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の阪神競馬場では、

日曜日のメインレースに京阪杯が行われます。

 

 

 

過去の結果を見てもわかる通り、

上位人気勢が総崩れすることも珍しくない

波乱必至の同レース。

 

 

 

今年も大波乱決着となるのか

穴党注目の一戦となりそうです。

 

 

 

今年は京都競馬場が改修工事に入るため、

阪神芝1,200メートルでの開催となります。

 

 

レースの傾向

 
 
 
 
阪神芝1,200メートルの内回りコースで行われる京阪杯。
 
 
 
内回りコースを使用し、
向正面半ばより2コーナー寄りの部分からスタートし、
すぐに第3コーナーを迎えますので
内が有利と言えそうです。
 
 
 
スタート直後から残り200メートルまでは
緩やかな下りが続くためスピードが出やすく、
勢いの付いた逃げ・先行馬が
そのまま押し切るパターンも見られますが、
上級条件では前が早くなるので外差しが決まるコースと言えます。
 
 
 
3連単の平均配当が約550,000円となっており、
過去10年で見ても10万円越えのレースが6レース。
 
 
 
そのうち100万円越えのレースが2レースという
波乱前提のレース傾向と言っても
良いのではないでしょうか。
 
 
 
しかし今年は阪神競馬場でのレースとなるため、
参考程度にとどめるべきかと思います。
 
 
 
 
dodo
【ここがポイント!】 波乱前提のレース傾向
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

 

 

 

過去10年における1番人気の結果は

2-2-0-6で勝率20%、複勝率で40%。

 

 

 

2番人気は3-0-0-7で勝率30%、複勝率30%

という結果となっており、

1・2番人気の馬券圏内率が低く

信頼に値しないと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

枠順で見てみると2枠の勝率が高くなっており、

勝馬を狙うなら重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また脚質で見てみると

逃げ馬・先行馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

なお種牡馬で見てみると

ロードカナロア産駒の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

穴馬を狙う上での特注ファクターして

「前走キーンランドカップ出走馬」

精査する必要があるかもしれません。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位・2位」という馬

好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

 

プロファイルからの結論

 
 
 
 
  1.  2枠
  2.  逃げ馬・先行馬
  3.  ロードカナロア産駒
  4.  前走キーンランドカップ出走馬
  5.  前走上がり3F1位・2位
 
 
 
上記のような条件で該当の馬を抽出し、
更に調教やコース適正、騎手や枠順、
馬の調子などを加味して最終結論を出せば
少しでも的中に近づけることでしょう。
 
 
最新情報をチェックしよう!