注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

ジャパンカップ【G1】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の東京競馬場では、

日曜日のメインレースにジャパンカップが行われます。

 

 

 

各世代のトップクラスが集い世界の強豪馬と共演する

クラシックディスタンスの大一番。

 

 

 

今年は歴史に名を刻んだ3頭が競演する

ドリームマッチとなっており、

どのような結末を迎えるのか要注目です。

 

 

レースの傾向

 
 
 
 
東京競馬場の芝2,400メートルで行われるジャパンカップ。
 
 
 
日本ダービー、ジャパンカップ、オークスといった
主要なG1レースが行われる東京芝2400メートルは、
「JRAのチャンピオンコース」です。
 
 
 
ホームストレッチのスタート地点をスタートし、
1コーナーまでの距離は約350メートル。
 
 
 
ゴール板を過ぎてから
向正面の半ばまでは緩やかに下っていき、
その後やや急な上り勾配があります。
 
 
 
そこを超えると3コーナーまで下っていき、
最後の直線は525.9メートル。
 
 
 
直線を向くと約160メートルの上り坂が控えており、
その坂を乗り越えて残り約300メートルを駆け抜けます。
 
 
 
約2000メートル近く走った後に坂を上り、
そこからさらに加速する必要がある
タフなコースレイアウトと言えるのではないでしょうか。
 
 
 
3連単の平均配当が約80,000円となっており、
過去10年で見ても10万円越えのレースが2回
という比較的穏やかなレース傾向ですが、
ヒモ荒れは警戒すべきではないでしょうか。
 
 
 
近年は比較的人気落ち着いた結果となっており、
’10年を除くと1~3人気が必ず1頭
くい込んでいる状況となっています。
 
 
 
 
dodo
【ここがポイント!】 比較的穏やかなレース傾向
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

 

 

 

過去10年における1番人気の結果は

3-2-2-3で勝率30%、複勝率で70%。

 

 

 

2番人気は1-1-3-5で勝率10%、複勝率50%

という結果となっており、

1番人気の馬券圏内率が高い傾向にある言えるでしょう。

 

 

 

枠順で見てみると1枠の勝率が高くなっており、

勝馬を狙うなら

重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また年齢で見てみると

3歳馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

なお性別で見てみると

牝馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位・2位」という馬

好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 
 
 
 
  1.  1番人気
  2.  1枠
  3.  3歳馬
  4.  牝馬
  5.  前走上がり3F1位・2位
 
 
 
上記のような条件で該当の馬を抽出し、
更に調教やコース適正、騎手や枠順、
馬の調子などを加味して最終結論を出せば
少しでも的中に近づけることでしょう。
 
 
最新情報をチェックしよう!