注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の中山競馬場では、

土曜日のメインレースに

ステイヤーズステークスが行われます。

 

 

 

有馬記念を目指す馬にとって

重要な前哨戦のひとつとなった同レース。

 

 

 

国内平地競走の最長距離で行われ、

長距離に自信のある馬が一堂に会する

数少ない長距離重賞レースとなっています。

 

 

レースの傾向

 

中山競馬場の芝3,600メートル

内回りコースで行われるステイヤーズステークス。

 

 

 

内回りコースを2周するレイアウトとなっています。

 

 

 

ホームストレッチの4コーナー寄りからスタートして、

最初のコーナーまで340メートル。

 

 

 

決勝線から1コーナーにかけて上り坂となり、

その後は向正面の半ばまで下り坂となります。

 

 

 

3コーナーから4コーナーにかけては

ほぼ平坦が続き、直線は310メートル。

 

 

 

スタート直後も合わせると、

直線にある急坂を3回の上ることになり、

スタミナはもちろん8回のコーナー回る器用さと

折り合いが重要となる

特殊なコース形態と言えるでしょう。

 

 

 

3連単の平均配当が約103,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースは3レースですが、

紐荒れも警戒しないといけない

波乱含みのレース傾向と言えそうです。

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

5-1-1-3で勝率50%、複勝率で70%。

 

 

 

2番人気は0-3-2-5で勝率0%、

複勝率50%という結果となっており、

1番人気の馬券圏内率が高い傾向にある言えるでしょう。

 

 

 

年齢で見てみると3歳馬の勝率・複勝率

高くなっており、

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また脚質で見てみると

先行馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位・2位」

という馬が好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

 

  1.  1番人気
  2.  3歳馬
  3.  先行馬
  4.  前走上がり3F1位・2位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

最新情報をチェックしよう!