注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

ターコイズステークス【G3】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の中山競馬場では、

土曜日のメインレースに

ターコイズステークスが行われます。

 

 

 

2014年までオープン特別戦として行われていましたが、

2015年に重賞に格上げとなった同レース。

 

 

 

中山マイル、牝馬限定、ハンデ戦という

如何にも荒れそうな条件だけに穴党は要注目です。

 

 

レースの傾向

 

中山競馬場芝1,600メートルの

外回りコースで行われるターコイズステークス。

 

 

 

1コーナー横のポケットからスタートし、

2コーナーまでは緩やかな下りとなり、

さらに外回りの向こう正面から

3~4コーナーに向かって約4.5m下っていきます。

 

 

 

そのため先行争いが激しくなるケースも多く、

外枠に入った馬は外々を回らされるため、

多頭数の外枠は不利となるケースが多々見られます。

 

 

 

最後の直線は310メートルと短く

直線の半ばには急勾配の上りがあるため、

オーバーペースで坂を迎えた馬は

差し馬の餌食となってしまう

コースレイアウトとなっています。

 

 

 

3連単の平均配当が約560,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースは5レース、

100万円越えも2レースと

波乱必至のレース傾向と言えそうです。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱必至のレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

2-0-1-7で勝率20%、複勝率で30%。

 

 

 

2番人気は1-2-1-6で勝率10%、

複勝率40%という結果となっており、

上位人気馬に人気程の信頼はない

言えるのではないでしょうか。

 

 

 

枠順で見てみると4枠の勝率が高くなっており

こちらを重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また年齢で見てみると

3歳・4歳馬の勝率・複勝率が高くなっており

こちらを狙っていく必要がありそうです。

 

 

 

なお「前走より斤量減」という

馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

また最後に「前走秋華賞」という馬が

好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

 

  1.  4枠
  2.  3歳・4歳馬
  3.  前走より斤量減
  4.  前走秋華賞

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!