注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

朝日杯フューチュリティステークス【G1】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の阪神競馬場では、

日曜日のメインレースに

朝日杯フューチュリティステークスが行われます。

 

 

 

2歳馬による暮れの名物レースとなっており、

来年のクラシックにもつながる要注目の一戦です。

 

 

レースの傾向

 

 
dodo
※阪神競馬場に変更後の6年間のデータ含めた過去10年から考察してますので、参考程度とお考え下さい。
 
 

阪神芝1,600メートルの

外回りコースで行われる

朝日杯フューチュリティステークス。

 

 

 

バックストレッチの

2コーナーよりからスタートし、

最初のコーナーまでの距離は約440メートル。

 

 

 

外回りコースに入ってから

3コーナー手前まで上って行き、

4コーナーから緩やかな坂を下りながら

直線に入ります。

 

 

 

ゴールまでの直線は約476メートルですが

半ばまでは下り坂となっており、

最後に急坂を上ってゴールするという

コースレイアウトとなっています。

 

 

 

道中で脚をためやすい分、

4コーナーから駆け下りたスピードを

いかに持続できるかが勝負のカギとなる

コースと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

3連単の平均配当が約94,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが

3レースと人気馬が実力を発揮しやすいが、

紐荒れや波乱も考慮しなければならない

波乱含みのレース傾向と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

4-2-1-3で勝率40%、複勝率で70%。

 

 

 

2番人気は2-1-2-5で勝率20%、

複勝率50%という結果となっており、

1番・2番人気の馬券圏内率

高い傾向にある言えるでしょう。

 

 

 

脚質で見てみると

先行馬の勝率が高くなっており

こちらも重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また種牡馬で見てみると

ディープインパクト産駒の勝率・複勝率

高くなっており、

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

なお「前走サウジアラビアRC」に参戦した

馬の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

また最後に「前走上がり3F1位・2位」

という馬が好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

 

  1.  1番・2番人気
  2.  先行馬
  3.  ディープインパクト産駒
  4.  前走サウジアラビアRC
  5.  前走上がり3F1位・2位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!