注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

阪神カップ【G2】競馬予想プロファイリング(2020年)

 

さて今週の阪神競馬場では、

土曜日のメインレースに

阪神カップが行われます。

 

 

 

来年の古馬短距離戦線に直結する

重要な一戦となっているだけに要注目です。

 

 

レースの傾向

 

阪神芝1,400メートルの

内回りコースで行われる阪神カップ。

 

 

 

2コーナー出口付近のポケットからスタートして、

3コーナーまでは約450メートル。

 

 

 

3コーナーから4コーナーにかけて

緩やかな下り坂となっており、

最後の直線は356.5メートルあります。

 

 

 

ゴール前には急な上り坂があり、

前半が速くなりやすく、

直線の坂で負荷もかかることによって

タフさも要求されコースとなっています。

 

 

 

3連単の平均配当が約230,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが

6レースという波乱前提のレース傾向と

言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱前提のレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

1-0-1-8で勝率10%、複勝率で20%。

 

 

 

2番人気は2-2-1-5で勝率20%、

複勝率50%という結果となっており、

1・2番人気の馬券圏内率が低く

信頼に値しないと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

枠順で見てみると

7枠の勝率が高くなっており、

勝馬を狙うなら重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また種牡馬で見てみると

ロードカナロア産駒

勝率・複勝率が高くなっており、

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

なお「前走より距離短縮」という馬

勝率・複勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

また穴馬を狙う上での特注ファクターして

「逃げ馬」の勝率・複勝率が高くなっており、

こちらを精査する必要があるかもしれません。

 

 

 

最後に「前走上がり3F1位」という馬

好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべきファクターと言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

 

  1.  7枠
  2.  ロードカナロア産駒
  3.  前走より距離短縮
  4.  逃げ馬
  5.  前走上がり3F1位

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して最終結論を出せば

少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!