注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

スポーツニッポン賞京都金杯【G3】競馬予想プロファイリング(2021年)

 

さて2021年1月5日の中京競馬場では、

メインレースに京都金杯が行われます。

 

 

 

中央競馬の新年を飾り、

「1年の計を占うレース」とも言われている同レース。

 

 

 

通年であれば京都で行われますが、

今回は京都競馬場の改修により中京競馬場にて行われます。

 

 

 

この東西で行われる名物ハンデ重賞、

どんな結果になるのか要注目です。

 

 

レースの傾向

 
中京競馬場の芝1,600メートルコースで行われる京都金杯。
 
 
 
1、2コーナーにある引き込み線から
斜めに向かってスタートすると左にカーブして本線に合流。
 
 
 
向正面の直線途中までは緩い上り坂を上り、
その後3コーナー手前から
直線の入り口にかけて緩やかな下りとなります。
 
 
 
直線距離は412.5メートルで、
残り340メートル付近から約100メートル続く
急坂が待ち受けており、
スタミナを要求される
タフなコースと言えるではないでしょうか。
 
 
 
過去10年のデータについては
京都競馬場で行われたデータとなりますので、
あくまで傾向としてお考え下さい。
 
 
 
3連単の平均配当が約86,000円となっており、
過去10年で見ても10万円越えのレースは
1レースという比較的穏やかなレース傾向と言えそうです。
 
 
 
 
dodo
【ここがポイント!】 比較的穏やかなレース傾向
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

3-1-1-5で勝率30%、複勝率で50%。

 

 

 

2番人気は0-2-1-7で勝率0%、

複勝率30%という結果となっており、

勝馬を探るという意味では

上位人気に信頼を置くことは出来ないと言えそうです。

 

 

 

枠順で見てみると1・2枠が6勝をあげており、

こちらを重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また「前走が同距離のOPまたはリステッドレース」

から参戦という馬の勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

なお「前走より斤量減」という馬の

勝率が高くなっており、こちらにも注意が必要です。

 

 

 

最後に「前走上がり3F1位」という馬が

好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 
 
  1.  1・2枠
  2.  前走が同距離のOPまたはリステッドレース
  3.  前走より斤量減
  4.  前前走上がり3F1位
 
 
 
上記のような条件で該当の馬を抽出し、
更に調教やコース適正、騎手や枠順、
馬の調子などを加味して最終結論を出せば
少しでも的中に近づけることでしょう。
 
 
最新情報をチェックしよう!