注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

フェアリーステークス【G3】競馬予想プロファイリング(2021年)

 

さて今週の中山競馬場では、

月曜日のメインレースに

フェアリーステークスが行われます。

 

 

 

今春の牝馬クラシックを目標としている

3歳牝馬たちが一堂に介する同レース。

 

 

 

キャリアの浅い3歳牝馬というだけでなく、

年末年始の変則開催という

舞台設定だけに、

波乱も多く予想が難しい一戦と言えそうです。

 

 

レースの傾向

 

中山競馬場の芝1,600メートル

外回りコースで行われる京成杯オータムハンデ。

 

 

 

芝コースの最高地点の

1コーナー横ポケットからスタートし、

2コーナーまで緩やかな下りが続きます。

 

 

 

2コーナーまでの距離が240メートルと短いため、

外枠に入った馬は外々を回らされ、

多頭数の外枠は不利となることが多いコースです。

 

 

 

外回りの向こう正面から

約4.5メートルを下りながら3コーナーへ向かい、

最後の直線は約310メートル。

 

 

 

残り200メートル地点には急坂が待ち構えるなど、

パワーや小回り適正が必要な

コース形態と言えるでしょう。

 

 

 

3連単の平均配当が約220,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースは

5レースという波乱含みのレース傾向と言えそうです。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

2-1-0-7で勝率20%、複勝率で30%。

 

 

 

2番人気は1-0-2-7で勝率10%、

複勝率30%という結果となっており、

勝ち馬を探るという意味では

上位人気に信頼を置くことは出来ないと言えそうです。

 

 

 

東西の所属で見てみると

「関東馬」が過去10年では全勝しており、

こちらを優位と考えるべきかもしれません。

 

 

 

また脚質で見てみると

「逃げ馬・差し馬」から勝ち馬を出しており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

なお「前走と今走が同距離」という

馬の勝率が高くなっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

最後に「前走新馬・未勝利戦勝利」という馬

好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  関東馬
  2.  逃げ馬・差し馬
  3.  前走と今走が同距離
  4.  前走新馬・未勝利戦勝利

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!