注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

東京新聞杯【G3】競馬予想プロファイリング(2021年)

 

さて今週の東京競馬場では、

日曜日のメインレースに東京新聞杯が行われます。

 

 

 

春のマイルG1制覇を狙う馬たちの

始動戦という位置づけになっている同レース。

 

 

 

例年レベルの高い一戦が

繰り広げられており、

今年はどのような結果となるか要注目です。

 

 

レースの傾向

 
東京芝1,600メートルで行われる東京新聞杯。
 
 
 
2コーナー奥からスタートし、
3コーナーに向かって250メートル地点までは
緩やかな下りが続きます。
 
 
 
向正面半ば辺りに上りがあり、
その後3コーナーにかけて
再度下りの状態でコーナーに突入するため、
息を抜きたいはずのコーナーで
息が抜けない状況となります。
 
 
 
最後の直線は525.9メートルで
直線に向いてすぐに約160メートルの上りがあり、
ゴールまでの残り約300メートルは
ほぼ平坦のコースとなります。
 
 
 
前半が速くなりやすく、
最後の直線で坂を上った後にゴール前で
もう一段末脚を伸ばすことが要求される
タフなコースと言えるのではないでしょうか。
 
 
 
3連単の平均配当が約97,000円となっており、
過去10年で見ても
10万円越えのレースは3レース。
 
 
 
しかし1番人気が不振となっており、
波乱含みのレース傾向と言えそうです。
 
 
 
 
dodo
【ここがポイント!】 波乱含みのレース傾向
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果

1-0-2-7で勝率10%、複勝率で30%。

 

 

 

2番人気は1-0-2-7で勝率10%、

複勝率30%という結果となっており、

 

3~5番人気で勝ち馬を

6頭出していることからも

勝ち馬を探すという意味では

上位人気に信頼がおけません。

 

 

 

枠順で見てみると

3・4枠で6勝という結果を残しており、

こちらを優位と考えるべきかもしれません。

 

 

 

また脚質で見てみると

先行馬・差し馬が8勝という結果を残しており、

こちらを狙う必要がありそうです。

 

 

 

最後に「前走がエリザベス女王杯・マイルCS」

という馬が好結果を残す傾向にあるので、

あわせて注目すべき項目と言えるでしょう。

 

 

 

同レースについて

過去の結果からプロファイルしてみると、

これと言って際立った特徴が

出てこない状況となりました。

 

 

 

この点からも上位人気に

信頼がおけないレースということが

出来るかもしれません。

 

 

プロファイルからの結論

 
 
 
  1.  3・4枠
  2.  先行馬・差し馬
  3.  前走がエリザベス女王杯・マイルCS
 
 
 
上記のような条件で該当の馬を抽出し、
更に調教やコース適正、騎手や枠順、
馬の調子などを加味して
最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。
 
 
最新情報をチェックしよう!