注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

きさらぎ賞【G3】競馬予想プロファイリング(2021年)

 

さて今週の中京競馬場では、

日曜日のメインレースにきさらぎ賞が行われます。

 

 

 

春の3歳クラシックに向けての

重要な位置づけとなっている同レース。

 

 

 

同レースをステップとして

G1で好走した馬が

多数存在するだけに要注目の一戦です。

 

 

レースの傾向

 
今年は中京競馬場の
芝2,000メートルで行われるきさらぎ賞。
 
 
 
ホームストレッチ半ばの
上り坂からスタートしてコースを1周する同レース。
 
 
 
前半1,000メートルは
ほぼ上り坂を走る構造となっており、
その後は直線の入り口まで
緩やかな下りとなります。
 
 
 
残り340メートル付近から
再び急な坂を上がり、
最後の直線で末脚を伸ばせるだけの
体力を要求される
タフなコースとなっています。
 
 
 
3連単の平均配当が約36,000円となっており、
過去10年で見ても10万円越えのレースが
1回という比較的穏やかなレース傾向と
言っても良いのではないでしょうか。
 
 
 
※レース開催競馬場の変更等があるため、あくまで参考程度とお考え下さい。
 
 
 
 
dodo
【ここがポイント!】 比較的穏やかなレース傾向
 
 

過去10年の結果からプロファイル

 
※過去10年の結果については京都芝1,800メートル行われた同レースの結果となっており、今回と全く違う条件となっています。
 
 
 
あくまで「きさらぎ賞」という
レースの傾向とお考え下さい。
 
 
 
過去10年における1番人気の結果は
3-2-1-4で勝率30%、複勝率で60%。
 
 
 
2番人気は1勝、同じく3番人気で2勝
という結果となっており、
1番~3番人気で勝ち馬6頭出していることから
こちらを信頼をしても良さそうです。
 
 
 
脚質で見てみると
先行馬・差し馬が9勝という
結果を残しており、
こちらを狙う必要がありそうです。
 
 
 
なお「前走3着以内」が9勝
という結果を残しており、
こちらにも注意が必要です。
 
 
 
最後に「前走上がり3F3位以内」という馬
すべて勝ち馬となっており、
こちらに注目しなければいけないでしょう。
 
 

プロファイルからの結論

 
 
 
  1.  1番~3番人気
  2.  先行馬・差し馬
  3.  前走3着以内
  4.  前走上がり3F3位以内
 
 
 
上記のような条件で該当の馬を抽出し、
更に調教やコース適正、騎手や枠順、
馬の調子などを加味して
最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。
 
 
最新情報をチェックしよう!