注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

小倉大賞典【G3】競馬予想プロファイリング(2021年)

 

さて今週の小倉競馬場では、

日曜日のメインレースに

小倉大賞典が行われます。

 

 

 

小倉の名物ハンデ重賞として

毎年混戦模様となる同レース。

 

 

 

今年はどのような結末になるのか要注目の一戦です。

 

 

レースの傾向

 

 

小倉芝1,800メートルで行われる小倉大賞典。

 

 

 

正面スタンドゴール板から

約100m手前の地点よりスタートし、

最初の1コーナーまでの距離は約272メートル。

 

 

 

ゴール板より

2コーナー入り口にかけては上り坂となり、

2コーナーから向正面、

3コーナーから4コーナーにかけて下り坂となります。

 

 

 

ゴール前は平坦となり、

さらに3・4コーナーはスパイラルカーブと

なっているためスピードを維持しやすく、

スピード勝負になりやすいコースとなっています。

 

 

 

3連単の平均配当が約154,000円、

過去10年で見ても10万円越えのレースは

6レースとなっており、

波乱前提のレース傾向と言えそうです。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント!】 波乱前提のレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

0-2-3-5で勝率0%、複勝率で50%。

 

 

 

2番人気の結果は2-2-0-6で勝率20%、

複勝率で40%という結果となっており、

上位人気に信頼はおけない状況です。

 

 

 

脚質で見てみると

逃げ馬・先行馬が6勝

という結果を残しており、

こちらを狙う必要がありそうです。

 

 

 

また「前走が重賞」という馬

7勝という結果を残しており、

こちらのデータも重視すべきでしょう。

 

 

 

なお「前走が2,000メートル以上」という馬

9勝という結果を残しており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

最後に「前走と同斤量・斤量減」という馬

8勝という結果を残しており、

こちらにも注目しなければいけないでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  逃げ馬・先行馬
  2.  前走が重賞
  3.  前走が2,000メートル以上
  4.  前走と同斤量・斤量減

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!