注目キーワード
  1. ギャンブル
  2. 競馬
  3. 予想
予想屋『dodo(ドードー)』のガチンコメソッド必勝法!

チューリップ賞【G2】競馬予想プロファイリング(2021年)

 

さて今週の阪神競馬場では、

土曜日のメインレースにチューリップ賞が行われます。

 

 

 

牝馬クラシック第一弾の桜花賞へと繋がる

重要なトライアルレースとなっており、

注目度の高い一戦と言えるでしょう。

 

 

レースの傾向

 

阪神芝1,600メートルの

外回りコースで行われるチューリップ賞。

 

 

 

バックストレッチの

2コーナーよりからスタートし、

最初のコーナーまでの距離は約440メートル。

 

 

 

外回りコースに入ってから

3コーナー手前まで上って行き、

4コーナーから緩やかな坂を

下りながら直線に入ります。

 

 

 

ゴールまでの直線は約476メートルですが

半ばまでは下り坂となっており、

最後に急坂を上ってゴールするという

コースレイアウトとなっています。

 

 

 

道中で脚をためやすい分、

4コーナーから駆け下りたスピードを

いかに持続できるかが勝負のカギとなる

コースと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

3連単の平均配当が30,000円となっており、

過去10年で見ても10万円越えのレースが

1レースという比較的穏やかなレース傾向と

言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 
dodo
【ここがポイント】 比較的穏やかなレース傾向

 

 

過去10年の結果からプロファイル

 

過去10年における1番人気の結果は

5-1-2-2で勝率50%、

複勝率で80%という結果となっており、

こちらを狙う必要がありそうです。

 

 

 

枠順で見てみると6・7枠が5勝となっており、

こちらを重視していく必要がありそうです。

 

 

 

また「前走が阪神JF」という馬

8勝となっており、

こちらを狙うべきではないでしょうか。

 

 

 

なお「前走1着・2着」という馬

9勝となっており、

こちらにも注意が必要です。

 

 

 

最後に「前走上がり3F3位以内」

という馬が9勝となっており、

あわせて注目すべきファクターと言えるでしょう。

 

 

プロファイルからの結論

 

 

  1.  1番人気
  2.  6・7枠
  3.  前走が阪神JF
  4.  前走1着・2着
  5.  前走上がり3F3位以内

 

 

 

上記のような条件で該当の馬を抽出し、

更に調教やコース適正、騎手や枠順、

馬の調子などを加味して

最終結論を出せば少しでも的中に近づけることでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!